成見和子のブログ

日々雑感、ジャズ歌詞、映画、読書。

我が家はトレインビュー♪

日経電子版を眺めていたら、ホテルの「トレインビュープラン」が人気だ、という記事を見つけました。

線路側に宿泊した子供が喜んだ、という声がヒントになったとのこと。

いやいや子供だけじゃない、オバサンだって興味津々ですぞ。

ただ、私の場合は制約があって、高所恐怖症なのでございます(涙)

なので、高層階から駅を見下ろすプラン、なんてのはダメです。

低層階から列車の往来が楽しめるプランなら、私だって泊まってみたい。

パソコン持ち込んで昼間は電車を眺めながらブログ記事の執筆。

夕方からはルームサービス(ワイン付き)で寛ぐ。

夕暮れ時の列車のある景色ってイイですよねえ。

列車のライトや窓の灯り、だんだんと暗くなっていく空。

終電までたっぷりと楽しんでからシャワーして就寝。

いいなー、やってみたい!

・・・って、ホテルに行かなくても、実は我が家はトレインビューなのです。

ホテルみたいなオシャレなトレインビューじゃないけど。

電車が好きだから線路の近くの部屋を探した・・・のではありません。

家賃の安い賃貸を探していて、たまたま空いていた物件なのです。

ホテルのトレインビュープランは料金高めの設定だと思うけど、我が家の家賃は相場よりも安め。

狭くて収納が少なくて電車の音がウルサイからだと思います。

東京の私鉄沿線なので、本数はかなり多いです。

始発は朝の5時台、終電は深夜0時台。

こんな部屋、絶対に住めない! という人が多数派だと思います。

実は私も最初は仮住まいのつもりだったのです。

とりあえずここに住んで、それからじっくりと本住まいを探そうかな、だったのです。

でも音には慣れてしまいました。

狭さも最初はちょっと苦痛でしたが、慣れてくると「実は合理的な暮らしなのかも」という気がしてきて。

もともと電車は大好きだったこともあり、結局住み着いてしまいました。

平日は別に借りている仕事場へ行くのですが、休日はトレインビューの部屋で過ごします。

持ち運びできる小さなテーブルを窓際へ置いてノートパソコンを乗っける。

そしてせっせとブログ記事を書く。

時々窓の外へ目をやって、通過する電車を眺める。

・・・これが私の至福の休日なのです(^^)

でも、それはそれとして、ホテルのトレインビュープランにも行ってみたいなあ♪

 

 

★こちらの記事もどうぞ